セックスのセルフチェックでEDの疑いならバイアグラ

夫婦間やパートナーとのセックスにおいて、セルフチェックを行ってEDになっていないか確認しておくことは大切です。EDの症状が出てくると性欲の減退や勃起不全になってしまうために、セックスの回数が減ってしまうことで夫婦関係やパートナー間の関係が希薄になってしまうことが懸念されます。
セルフチェックをした結果として、EDの疑いがあると感じられるときには早めに専門的なクリニックを受診することがおすすめです。EDについては治療を受けることができるクリニックが存在しているために、受診することでバイアグラなどのED治療薬を処方してもらえます。バイアグラはED治療薬として世界的に使用されている医薬品で、日本では25mgと50mgの2種類が承認を受けています。国外においては100mgのものまで認可を受けて販売が行われていますが、日本国内においては100mgの正規品のバイアグラは存在しませんので、事前に把握しておくことが大切です。バイアグラは元来は狭心症の治療薬として開発が進められていたもので、治験を行うにつれてED治療の効果があることがわかったために、現在ではED治療薬として使用されています。バイアグラに配合されている主成分は、シルデナフィルというもので、勃起の抑制の働きのある酵素の作用を妨げることができるために、勃起を促進させることができます。バイアグラを服用したからといって、ずっと勃起が継続するわけではありませんし、服用するだけで効果が得られる媚薬というわけでもありません。バイアグラの服用によって勃起力を改善させるためには、性的な刺激を受ける必要があり、血流を改善させることで勃起の促進効果を得ることができます。陰茎のない女性が服用しても効果がないと考えられていますが、血流を良くする効果はありますので、女性器周辺が敏感になって性的感度が引き上げられるという説もあります。

ページの先頭へ戻る