射精をサポートするバイアグラは診断で安全に服用

バイアグラは、その名前が広く知れわたっていることからも大方の人がその用途を知っているように、勃起障害を改善し、スムーズな射精をサポートするための薬です。しかし、飲み方を誤ってしまうと、重大な副作用を引き起こし、命を落としてしまう可能性もあります。
バイアグラは全ての人に適した薬ではありません。特に、硝酸剤や抗不整脈薬を使用している人は、決して服用してはいけません。例えば、狭心症の発作治療のためによく処方されているニトログリセリンを飲んでいる方や、貼り薬を使用している方、吸入している方は、血圧が危ないレベルまで一気に下がり、命を落としてしまう可能性もあります。
このように、海外でも国内でも、バイアグラが原因で死亡している例がたくさんあります。ですので、安いからと言って個人輸入などでバイアグラを入手し、自己判断で使用することは大変危険です。必ず医師の診断を受けうえで、自分に適しているかどうかを判断しながら使用しなければなりません。また、診断を受ける際には、自分の症状や過去にかかったことのある病気、今の健康状態、薬による副作用や今現在処方されている、もしくは服用している薬などについて、充分に医師に話す必要があります。
また服用後の性行為中に、今まで狭心症と診断されたことのない方でも、狭心症による発作を起こすことも考えられます。このとき、パートナーにバイアグラの使用を知らせずにいた状態で、自ら話が出来る状態ではないときに、狭心症の治療のために硝酸剤が処方されてしまう場合があります。すると、一気に血圧が危ないレベルまで下がってしまい、最悪死に至ってしまうこともあるので、パートナーには必ずバイアグラを使用していることを告げた方が良いでしょう。

ページの先頭へ戻る