服用前に必読!バイアグラの副作用

世界的に有名なED治療薬のバイアグラは、勃起ができない人でも改善する可能性があり、発売当初は夢の薬とも呼ばれた飲み薬です。個人差の出やすい医薬品ですが、人によっては通常よりも力強い勃起ができることから、正常な人が利用することもあると言われています。効果的に勃起を促すことができる飲み薬ですが、使用するには注意点が多いのが特徴で、副作用もまた頻繁に報告されていることから服用前に予め副作用などを理解しておく必要があります。バイアグラの作用は勃起力を維持する物質を分解する酵素PDE5を阻害する働きがあるのですが、同時に血管を拡張させることで海綿体に十分な血液量を送り込む働きを持っています。血管拡張は全身にわたって作用するため、血液の流れが良くなりすぎてめまいやふらつき、頭痛などが頻繁に起こります。また、動悸や頻脈も起こる可能性がありますが、これらはバイアグラの作用によって起こるため、基本的には薬の効果が切れることで自然と治まるようになっています。どのくらいの頻度で痛みなどがあるかどうかは個人差のため、一概に言えることではありませんが、我慢できる範囲であれば無視しても問題はありません。また、頭痛が煩わしく性行為に集中できないという場合は、頭痛薬で抑えることも可能です。しかし、消化不良や腹痛、筋肉痛、関節痛、背中の痛み、視覚障害などは完全な副作用で、特に光彩に異常が見られる場合は視神経に影響が出ていることから後遺症の可能性もあるため、服用を直ちに中止して専門家に相談する必要があります。バイアグラは血圧を変化させることから、高血圧症の患者や心臓や脳に疾患のある人は使用が制限されるため、服用前には必ず医師に相談しましょう。

ページの先頭へ戻る